2011年09月06日

消費税95%ルールの改正

分割されて可決された23年度税制改正の中に消費税の仕入税額控除(いわゆる95%ルール)の見直しがあります。

消費税の計算方法は、事業者が預かった消費税から、支払った消費税を控除して計算します。この支払った消費税の控除を仕入税額控除と言います。

この仕入税額控除ですが、課税売上割合が95%以上であれば、その支払った消費税が全額控除されます。

※課税売上割合は次の算式で計算します。
 課税売上÷(課税売上+非課税売上)
 非課税売上は受取利息や土地の売上、住宅の家賃収入などです。

課税売上割合が95未満の事業者の仕入税額控除は次の二通りの計算方法があります。

(1)支払った消費税×課税売上割合=仕入税額控除(一括比例配分方式)

(2)支払った消費税を下記の三種類に区分します
  (イ)課税売上のみに要するもの
  (ロ)非課税売上のみに要するもの
  (ハ)課税売上と非課税売上に共通して要するもの
   
  (イ)+(ハ)×課税売上割合=仕入税額控除(個別対応方式)

一般的に(2)の方法で計算した方が支払う消費税が少なくなりますが、日々の帳簿付けが複雑となります。

この改正は全ての事業者に適用される訳ではなく課税売上割合が5億円を超える事業者に適用されます。
ただ特定の業種を除いては、大多数の事業者が全額控除(95%以上)する方法で計算されていると思いますので、改正が与える影響は大きいと思います。

この改正は法人の場合平成24年4月1日以後に開始する課税期間から適用されます。早めのご準備を。
posted by 練馬区の税理士 さがら会計事務所 at 14:34| Comment(0) | お知らせ